« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

ラクチィ日記 4/28fri..

こんにちは。チャキッ娘1号です。
今年は、お花見に行けず、悲しい春でございます。

さて、今日はみなさまに当店のNEW FACE☆ゆかママ☆をご紹介します。

今月25日からお手伝いに来てくれている、2児の頼れるお母さんです。
まだまだ入ったばかりで、緊張の毎日ですが、みなさま、どうぞよろしくお願いします。

それから、ただいまバイトを募集しています。
本格イタリアンレストラン「Inizia La Cucina」で一緒に働きませんか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

ラクチィ日記 4/26wed.

副支配人です。

「水グルメ」。今回は“水”の話です。

当レストランのお水は、お客様から「おいしい」と評判です。
これには理由があります。
浄水を瓶に入れて、一昼夜、冷蔵庫で冷やします。
そうすると翌日にはおいしい水が飲めます。ほんのちょっとした工夫でできますので、これを読まれた方、家でもぜひお試しになってみては。。?
浄水器をとおした水道水をご利用いただくのがベターです。

健康のためにも、朝起きたらコップ1~2杯のお水を飲まれることをおすすめします。
そんなとき、キンと冷えたおいしいお水が手元にあったら、うれしいですよね。
おいしい水を飲んで、みずみずしく、
今日も張り切って 笑顔で元気にはげみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

ラクチィ日記 4/22Sat.

チーフです。Dsc00003 Dsc00002_1

                

みなさん お花見はどうでしたか?私は休みの日に、新聞の花だよりを見て、妻と長野市高田の所までお花見に行ってきました。とってもきれいで、感動して帰ってきました。
(写真は当レストランの裏庭の桜です。まだまだきれいに咲いています。)

おとといで、キッチンに移り2ヶ月になりました。この間、特に「当店自慢」としている手打ちパスタや自家製パン作りには大変苦労しました。パスタが水分量の関係でよく練れないこと、パンが均一に焼き上がらないことなど、まだまだですね。
ご来店くださるお客様のために、「おいしかった」の笑顔を目指し頑張りますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

ラクチィ日記 4/19wed.

イニツィア・ラ・クチーナのシェフは、ABN(長野朝日放送)のテレビ番組「遊クッKing」(ユー・クッキング)の撮影のため、長野県は売木村(うるぎむら)へ行き、村の人達と交流を深めてきました。売木村は長野県の最南端部に位置します。
「遊クッKING」の撮影には、当レストランをつかうこともありますが、こうやって遠出することもあります。写真で紹介できなくて残念です。。

村の方達3~4人に協力をいただいて、『摘み草料理』を創作するための“草探し”に一緒に出かけました。どこに、どんな草が生えているか、村の方達はとても良く知っていて、つくし、たんぽぽ、せり 等をはじめとして14種類ほどのいろいろな草が、次々に獲れました。

摘んだ草を持ってたどり着いたのは売木村の公民館。
野草を組み合わせて、天ぷら、和え物、乾燥つくしの砂糖煮、セリのゼリーよせ、桜の花の入ったスープなど、たくさんの料理をしました。
楽しい2日間を過ごしました。

ただ、ちょっと夜の食事会で日本酒を飲みすぎて、ハメをはずしすぎたようです。。
みなさんも、飲みすぎには気をつけましょう。
(上でリンクを貼った「遊クッKing」のHPで私が出ています。時間があったら見てみてください。)

 シェフより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

ラクチィ日記 4/15sat.

どぉもぉ。はじめまして。
ラクチーナのホールに居ます。
いつも元気なちゃきっ娘2号です。

今日はラクチーナの人気者の『えびちゃん』をご紹介しまーす。

昨年の5月23日に来たえびちゃん達。
わたしより先輩なんです。      Photo_3

なんか、NASAの技術のたまものなんですって。
高さ25cm位のタマゴ型をしたガラスの中にいます。
空気穴もない中でよく生きてるなぁって、
不思議なんですよ。
エサもいらないし。すごいですよね。

060315__4 この『えびちゃん』にそっくりな桜エビが入った、当店の春のオススメパスタが
桜海老と菜の花と筍のタリオリーニ」

ビアンコ系(塩味ベース)で、あっさりとしたこのパスタを食べながら、『えびちゃん』観察はいかがでしょう。

ちなみに、Photo_4
壁に埋め込むタイプの水槽の中にも、オシャレな「えびさん」が2人います。

そちらも よろしく*

(2人のうちのかたわれです。)→

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月11日 (火)

ラクチィ日記 4/11tue.

はじめまして。
厨房のフジサワです。
やっと少しずつですが暖かくなってきましたね。

突然ですが、みなさんは外食はお好きですか?僕は、この前職場の先輩と食事してきました。たまには、コース料理やワインを囲みながら語るのもいいですよね。

イニツィア・ラ・クチーナにも、たくさんのワインや春の料理があります。ご友人やお知り合いの方々と是非楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

ラクチィ日記 4/7fri.

≪速報!≫

4月より、お店に “ニモ”(カクレクマノミ)が来ました* 大小で2匹。
Nimocimg0007_3 

お初にお目にかかります。
ホールのチャキッ娘1号です。お見知りおきを!

ところで・・・皆様、お昼はどうされていますか?
コンビニ弁当もいいですが、たまには足をのばして、栄養バランスの取れた「ラ・クチーナ日替わりランチ」は、いかがですか?
サラダも付いて、食後のコーヒーも付いてきます。私の笑顔も付いてきます。(笑

ぜひぜひ、たくさんのお客様をお待ちしてます。
では 最後に。。。

♪ ニモが来た  2匹そろって  あぁカワイイ

~ ニモ・ギャラリー ~

Photo ←小さいニモです。
かわいい!
浮いてるように
見えますが、
水槽の中ですよ。
反射でレストランの
中が少し見えてます。

2_1 ← 奇跡的に
ニモの表情が
見える1枚です。
ニモの泳ぎは
かなりすばしっこいので
写真を撮るのが
むずかしいです。。

Photo_1 ←泡と戯れる 
大きいニモ。
写真だと
なんだか瀕死の状態
に見える。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 4日 (火)

ラクチィ日記 4/4tue.

チーフです。

みなさん いよいよ春ですね。
桜の便も、南の方から聞えてきました。
長野は もう少しかな?

「イニツィア・ラ・クチーナ」は、いま、春のメニューがいっぱい。
「桜海老と菜の花と筍のタリオリーニ」、「ハマグリと山ウドのリゾット ふきのとう風味」などなど。

みなさん、当店のおすすめメニューで春を満喫してください。
ご来店お待ちしております。

●おすすめメニューを写真で紹介しています。
 「シェフより 春のイチ押し」シリーズ ↓
http://la-cucina.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_477d.html
http://la-cucina.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/no2_b144.html

 どうぞ覗いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シェフより 春のイチ押しNo.2

料理長の春のおすすめ、旬素材たっぷりの“季節限定 春料理”の紹介 第2弾です。
今日紹介するメニューは、おかげさまで日々人気を集めている2品。

1つは本格イタリアン、
もう1つは日本の春らしい香り/苦味を使った、ジャパニーズ・イタリアンです。

では1品目。

<仔羊のロースト カチャトーラ風>
Photo_1 カチャトーラとはイタリア語で「狩人」のことを意味します。

生ハムで有名なエミリア ロマーニャ州の伝統的な料理で、鶏肉を使うことが多いですが、近隣のトスカーナやウンブリア州では仔羊を使って作ったりもします。

ローズマリーにんにくの香りが程よくお肉にからみあい、少し酸味がきいているソースが味の特徴です。

もともとは、昔に、狩人が獲ってきた鶏や羊をブツ切りにして煮込んだのが始まりです。
やわらかなお肉をしっかり味わえます。

次に2品目。

<ハマグリと山ウドのリゾット ふきのとう風味>
Photo_3  春を代表する食材『ふきのとう』『山ウド』と、
春を代表する貝類の中でもスープ出汁として一番おいしい『ハマグリ』を、
ミックスしてリゾットにしました。

ハマグリから出る旨味と、山ウドとふきのとうが合わさった香りが、春らしさを引き立たせます。

とってもヘルシーで、体にも良いですよ。

 

旬が過ぎてしまう前に、ぜひ お試しください。

「春のイチ押し 第1弾」の記事もご覧くださいませ↓
http://la-cucina.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_477d.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »